幻の「緒方貞子外相」

行動派の弁務官、最後は辞退

歴史に刻まれなかった幻の人事案もある。

2002年1月、国会は、外務省がアフガニスタン復興支援会議への一部の非政府組織(NGO)の参加を拒んだ問題で大荒れだった。その水面下では、東京・霞が関の外務省と米ニューヨークの間で電話によるやりとりが繰り返されていた。

ニューヨークに滞在していたのは、国際政治学者の緒方貞子。国連難民高等弁務官時代に世界を駆け回り、小泉純一郎政権でアフガニスタン支援首相特別

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り735文字