ゴーン日産社長、EV販売低迷に「失望」

米で価格引き下げ

【デトロイト=小川義也】日産自動車のカルロス・ゴーン社長は14日、電気自動車(EV)「リーフ」の販売伸び悩みについて「失望している」と語った。ただ、「問題点はわかっている」と強調。米国の販売価格を引き下げつつ、政府にインフラ整備の働きかけを強めるなどして立て直しを急ぐ方針を示した。

14日開幕した北米国際自動車ショーの会場で、記者団に語った。リーフの2012年の世界販売台数は前年比22%増の2万

アプリで開く

メールアドレスを入力すると続きが読めます(無料)

ご記入いただいたメールアドレスは日本経済新聞社が適切に管理し、会員向け記事をはじめ日経電子版をご紹介するメールの配信など、サービスご案内のためのみに利用します。日経IDなど、日経のサービスへ登録されることはございません。

入力いただいたメールアドレスにメールを送付しました。

メールのリンクをクリックすると記事を全文読めます。

※ 現在ご覧頂いている端末・ブラウザからアクセスしてください