(専門家の見方)中長期展望、評価できる

嶋中雄二・三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所所長 経済財政白書は貿易と投資の「開国」で海外需要を取り込み、国内の生産性を引き上げる必要性を訴えた。人口減少で内需が停滞し閉塞感が漂う構造問題に立ち向かおうと、中長期の方向性を示した点は評価できる。

だが、増税の経済成長への影響や金融緩和は分析が足りない面もある。

増税を巡っては、東日本大震災からの復興費用の償還財源として所得税の増税

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り198文字