西岡武夫参院議長が死去 75歳

西岡武夫参院議長が5日午前2時24分、肺炎のため都内の病院で死去した。75歳だった。10月20日召集の今国会は、口内の帯状疱疹(ほうしん)による体調不良を理由に開会式を含めて欠席していた。(関連記事総合面に

長崎市出身で衆院当選11回、参院2回。長崎新聞社論説委員を経て1963年衆院選で初当選。自民党入りしたが、76年にロッキード事件を批判して河野洋平前衆院議長らとともに同党を離党し、新自由ク

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り327文字