マイナンバーの意外なメリット

経済効果は1兆円超 編集委員 大林尚

国会で法案への賛否について決を採る段になると、与党側がなりふり構わず突き進む場面が、かつては頻繁にあった。

2004年、百年安心を看板にした年金改革法案は、自公両与党が参院の委員会採決を強行し、与野党議員のつかみ合いになった。抵抗する野党側も、出来レースであることを知っていたが。

それから8年。社会保障・税一体改革の法案を審議する衆院特別委の採決時期をめぐる駆け引きは、わかりにくかった。

審議が

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り1022文字