大使人事 官僚に回帰

外交混乱、民間登用 生かせず

「駐米」佐々江氏、「駐中国」西宮氏

政府は20日、民間出身の丹羽宇一郎駐中国大使は交代させ、次官級の幹部を送り込む人事を内定した。民主党政権が掲げた「脱官僚依存」の目玉人事は、それを支える体制を築くことができないまま頓挫。日米同盟の弱体化や中韓両国との関係悪化など外交の相次ぐ混乱で、主要大使人事は年次や格といった組織の秩序に重きを置く従来型に回帰した

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り1157文字