死刑破棄し無期懲役に 千葉の女子大生殺害控訴審判決

千葉県松戸市で2009年10月、千葉大4年の荻野友花里さん(当時21)を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた無職、竪山辰美被告(52)の控訴審判決が8日、東京高裁であった。村瀬均裁判長は「殺害された被害者が1人で、計画性も認められない」として、裁判員裁判だった一審・千葉地裁の死刑判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。

裁判員裁判の死刑判決が二審で破棄されたのは2例目。

村瀬裁判長は判決理由で

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り357文字