消費増税延期や衆参同日選 首相判断、5月メド

16年度予算成立 与党から補正論

安倍晋三首相が最大の景気対策とする2016年度予算の成立を受け、政局の焦点は17年4月に予定する消費税率10%への引き上げの是非と、7月の参院選に合わせた衆参同日選の可能性の2つに移る。首相は経済指標や内閣支持率を見極め、5月26~27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前後に判断する見通しだ。(1面参照)

2016年度予算が成立し、一礼する安倍首相(29日)

 「議長国として世界経済のかじ取りにしっかりリーダーシップを発揮したい」

予算成立後の記

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り794文字