サイバー捜査で警視庁に新部署

警視庁は6日、公的機関やインフラ企業を狙ったサイバー攻撃を捜査する「サイバー攻撃対策センター」を4月に新設すると発表した。捜査員約100人体制で、民間企業と連携して被害防止対策に当たる。

公安部公安総務課にあった「サイバー攻撃特別捜査隊」の人員を増

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り126文字