社会保障「全世代型に」

小泉氏ら自民若手、20年以降ビジョン中間報告

自民党の小泉進次郎氏や若手らで中長期の社会保障制度を議論する「2020年以降の経済財政構想小委員会」は13日、中間報告をまとめた。高齢者に偏った社会保障のしくみを改め、若年層にも配慮した「全世代型」に転換するよう要求。財源は「年齢ではなく所得や資産などに応じた給付・負担」で確保するとした。負担増などの具体策は結論を先送りし、年末までに決める。

同小委は財政再建に関する特命委員会(委員長・稲田朋美

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り411文字