深田監督作品に審査員賞

カンヌ映画祭「ある視点」部門

【カンヌ=古賀重樹】第69回カンヌ国際映画祭は21日、「ある視点」部門の各賞を発表し、深田晃司監督の「淵に立つ」が審査員賞を受賞した。スタジオジブリが製作に参加したオランダのマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の「レッドタートル/ある島の物語」も特別賞を受けた。

審査員賞を受けた深田晃司監督(左)と特別賞のデュドク・ドゥ・ヴィット監督

審査員賞は最高賞に次ぐ賞。同部門での日本作品の受賞は昨年の「岸辺の旅」の黒沢清監督の監督賞に続き2年連続。

深田監督は東京生まれの3

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り272文字