足利尊氏、垂れ目だった?

新たな肖像画を発見

室町幕府の初代将軍・足利尊氏(1305~58年)の死後間もない14世紀末に描かれたとみられる肖像画の写しが見つかった。尊氏の室町時代の肖像画は他に1点しかなく、専門家は「垂れ目や大きな鼻の特徴が似ている。意見が分かれる尊氏の顔立ちを伝える貴重な資料だ」としている。肖像画は宇都宮市の栃木県立博物館で29日まで公開されている。

新たに見つかった足利尊氏の肖像画の写し(部分、左)と最近まで尊氏として紹介されてきた「騎馬武者像」(模本)=栃木県立博物館提供

博物館によると、肖像画は

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り176文字