足りない時代(3) 働き方改革、外注にシフト

請負企業も余裕乏しく 受注絞る一方、人材育成急ぐ