常温核融合 「ニセ」覆せ

30年越し 発熱確認相次ぐ

室温で水素原子が核融合反応を起こしてエネルギーを生み出す「常温核融合」。この現象を初めて観測したという1989年の発表で世界の研究者の参入が相次いだが、実験結果は再現されずにブームは急速にしぼんだ。それから約30年。地道に研究を続けてきた日本の研究グループを中心に核反応によるとみられる過剰熱の発生が恒常的に確認され、未知の反応の正体を探る手がかりも得られつつある。

水素の核反応によるとみられる発

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題
お試し登録は11/20まで

残り1616文字