政権、森友問題の引き苦心

佐川氏招致に容認論

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書の書き換えを受け、与野党は13日、佐川宣寿前国税庁長官の国会招致などをめぐって攻防を繰り広げた。与党内の一部からは佐川氏の国会招致を容認する意見が浮上する一方、麻生太郎財務相の進退をめぐる対立は激しさを増している。今後のシナリオなどを分析した。

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。