外国人就労に新資格

実習後も滞在可能に

就労目的の外国人を受け入れる新しい資格をつくることを明記した。一定の専門性・技能を条件に、単純労働への外国人就労に門戸をひらくものとみられ、事実上の政策転換といえる。

「存続・発展のために外国人材の受け入れが必要と認められる業種」とし、農業、介護、建設などが想定される。所管省庁が実施する試験や日本語試験での合格が条件だが、技能実習制度を

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り169文字