米、欧州と「休戦」演出

工業品、関税撤廃交渉で一致

【ワシントン=河浪武史、ブリュッセル=森本学】トランプ米大統領と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は25日の首脳会談で、自動車以外の工業品の関税撤廃を目指す貿易交渉の開始で合意した。EUとの報復関税合戦への米国内の批判を無視できず、ひとまず関係修復を演出した形だ。ただ自動車への追加関税に関しては明確な合意に達しておらず、トランプ氏が再び交渉のカードに使う懸念も残る。

アプリで開く
この記事は会員限定です

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

残り1307文字