東京圏から移住に最大300万円補助

政府、一極集中是正へ新制度検討

政府は東京圏から地方への移住者に最大300万円を補助する新たな制度を検討する。内閣府が2019年度予算案の概算要求に盛り込む。地方創生推進交付金を活用し国と地方自治体で半額ずつまかなう。費用負担が足かせとなって移住をためらう若年層を後押しする狙い。人口の東京一極集中の抑制を目指す。

東京圏(東京都と神奈川、千葉、埼玉の各県)以外で起業した場合は300万円まで、中小企業への転職には最大100万円を

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り650文字