伊丹、関空便受け入れ

国際線の一部、周辺自治体が合意

大阪国際(伊丹)空港の周辺10市でつくる大阪国際空港周辺都市対策協議会は12日、台風21号の被害を受けた関西国際空港の国際線の一部を受け入れることで合意した。伊丹空港の運用時間を遅延便の発生時に限って延長することも事実上受け入れた。関西の国際貨物輸送を早期に復旧させ、企業物流への影響を最小限に食い止める。

兵庫県伊丹市など主要5市が会合を開き、国際線を含む関空40便の移管を受け入れた。神戸空港も

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。

日経Wプランが12月末までお得!
秋割キャンペーン実施中!