テックビューロ流出通貨、口座3万超に

42億円分、数日で分散

仮想通貨交換会社テックビューロ(大阪市)から約70億円相当の仮想通貨が流出した事件で、流出した42億円分のビットコインは数日のうちに最大3万超の口座に分散したことが20日までに、専門家の分析で分かった。同社が流出に気付いたときは既に追跡困難だったとみられる。大阪府警の捜査も難航しそうだ。

テックビューロによると、不正アクセスがあったのは9月14日午後5時ごろ。同社が運営する仮想通貨交換サイト「Z

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り573文字