ココイチ創業者、20億円申告誤り

資産管理会社、名器「ストラディバリウス」減価償却巡り

「カレーハウスCoCo壱番屋」創業者の宗次徳二氏(70)が取締役を務める資産管理会社が名古屋国税局の税務調査を受け、法人税約20億円の申告漏れを指摘されていたことが6日、関係者への取材で分かった。イタリア製バイオリン「ストラディバリウス」など本来は減価償却できない高価な楽器を経費として計上する税務上の誤りがあったという。

過少申告加算税を含む追徴税額は約5億円で、同社は既に修正申告し納付したとい

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り331文字