クラシック演奏 事典に

研究・教育へデータベース化 愛好家開拓にも期待