西武・源田、大暴れ4安打

サイクル逃すも勝利呼ぶ

前の打席で二塁打を放ち、サイクル安打のチャンスが巡ってきた八回の第5打席。巧打の西武・源田にしては珍しくスイングに力が入った。だが、結果は二ゴロ。26歳は「(本塁打を)狙ってました。ベンチからも打ってこいって。でも無理。練習でもめったに打てない」と苦笑い。

とはいえ、無死一、三塁で迎えたこの打席も、俊足を生かして併殺を防いで1打点。この日5打数4安打2打点の活躍で勝利を呼び込んだ。

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り194文字