ラグビー代表、スパルタ式で体力底上げ

合宿終了 速い展開に狙い、意思疎通も磨く

宮崎合宿は「今までで一番ハード」と選手が口々に話した

9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表が宮崎市での長期合宿を終えた。「今までで一番ハード」と多くの選手が漏らした猛練習は、体力強化などの成果として表れつつある。27日には今年初の公式戦となるパシフィック・ネーションズカップ(PNC)が開幕。グラウンドの内外で最終調整に入る。

数十分間の走り込みのあと、試合形式のメニューが始まる。本番さながらの肉弾戦つき。プレーが止まると

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り961文字