漁業者「開門し有明海再生」/国側「漁業権は消滅」

諫早干拓上告審で最高裁弁論 司法判断「ねじれ」解けるか

国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡る訴訟の上告審で、潮受け堤防排水門の開門に応じない国と、開門を求める漁業者側の意見を聴く弁論が26日、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)で開かれた。国と漁業者側は弁論で、開門を命じた確定判決に従わない国への制裁金の是非について双方の主張を展開した。最高裁の判決期日は近く指定される見通し。

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り781文字