立秋に「禾」の由来をたどる

阿辻哲次