今永、今季3度目の完封

ゆとり持ち140球投げきる

DeNA・今永の心のゆとりが、1-0のしびれる完封劇をもたらした。一回、先頭西川に二塁打を許し1死三塁となった。「1点ならOK」という楽な気持ちで投げ、鈴木を一飛、松山を三ゴロに打ち取った。

六回は2死一塁で、3ボールとしたところから、メヒアを二飛に仕留めた。ここもボール球になって歩かせてもいい、と考えたという。思い詰め

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り162文字