リアル・スラムダンク(2) 173センチ、NBAの扉開く

田臥の17分、後輩たちに道

NBAの挑戦は平たんな道のりではなかった

漫画「SLAM DUNK」のファンが伝説と呼ぶイベントがある。2004年12月、作者の井上雄彦(52)が旧神奈川県立三崎高校で開いた。連載終了から8年。「あれから10日後……」と題して、23枚の黒板にチョークで主要キャラクターの連載後を描いた。その一つにこんな一節がある。「知ってる? 桜木君 日本人初のNBA選手が生まれたって」

24歳の田臥勇太が米プロバスケットボールNBAのコートに立ったのは

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り1157文字