恒久平和、誓う祈り ローマ教皇が長崎・広島訪問

「核なき世界は可能で必要」

核兵器に関するメッセージを述べ、爆心地公園を後にするローマ教皇フランシスコ(24日、長崎市)

「核兵器のない世界は可能で必要だ」。ローマ教皇(法王)フランシスコが24日、教皇として38年ぶりに長崎と広島を訪れた。教皇は「核兵器は悲劇的な結果をもたらす」「真の平和とは非武装の平和以外にありえない」との思いを世界に語りかけた。核問題解決の糸口が見いだせない中、被爆地は恒久平和と不戦を誓う祈りに包まれた。(1面参照

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り998文字