澤部肇(1) 老境に思う

会社去り感じる息苦しさ 助けられてばかり、恩返せず