「自分の常識」絶対視せず