桜庭一樹「私の男」 北海道・紋別市

北の海の匂いが髪に、肌に、魂の底の底まで染みこんでいくようだ。