拘置所面会制限、処分に該当せず

感染防止策で東京地裁

新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由に、東京拘置所が家族など、弁護人以外との面会を一律に認めないのは違法な行政処分に当たるとして、勾留中の男性被告が執行停止を求めた申し立てについて、東京地裁は3日までに「処分には該当しない」などとして却下した。決定は1日付。

決定によると、東京拘置所は4月15日、「弁護人以外の

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り157文字