55階建て本格修繕 川口のマンション

12億円、積立金で 工法など先進例

埼玉県川口市で55階建て超高層マンション「エルザタワー55」の大規模修繕工事が始まった。管理組合が清水建設の子会社、シミズ・ビルライフケア(東京・中央)を施工業者に選定。2年程度かけて外壁の塗り替えやバルコニーの防水工事などを施す。工事費は約12億円で全額を修繕積立金で賄う。超高層マンションの全面的な修繕事例は少なく、工事方法や費用負担など全国の先進例となりそうだ。

足場が組まれ修繕工事が進む(埼玉県川口市)

同マンションは1998年、当

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り821文字