コメ小売り販売割合5月 10キロ袋3割に迫る

コメの小売りで10キログラム袋の人気が高まっている。米穀安定供給確保支援機構(東京・中央)の調査によると、5月の販売量に占める割合は前年同月と比べ3ポイント増加し29.8%だった。価格下落で買いやすくなったうえ、割安感もあるためだ。

全国のスーパーなど419店のPOS(販売時点情報管理)データを使って集計。消費増税前の駆け込み需要が発生した昨年3月以来の水準だ。

5月の小売価格(消費税込み)は

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り198文字