ソニー株、一時16%高 家電事業の増益評価

「アップル減速」は重荷に

ソニーの株価が1日、一時前週末比16%高い2924円を付けた。1月29日に発表した2015年4~12月期決算では、画像センサーなど電子部品の苦戦をテレビとスマートフォン(スマホ)で補った。市場予想を上回る利益を稼ぎ出し、収益の安定感を評価した買いが集まった。

4~12月期の連結営業利益は前年同期比2.3倍の3870億円と、市場予想を300億円近く上回った。けん引役はテレビやスマホなど家電だ。構造

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます
今なら2カ月無料キャンペーン実施中

残り254文字