東京メトロ、訓練線設置の研修施設

200億円投資、新木場に

東京地下鉄(東京メトロ)は4月1日、東京都江東区内に社員向けの研修施設を新設する。実際に地下鉄の営業車両を走らせることができる訓練用の短い路線を設置するほか、過去の鉄道事故の教訓を伝える展示室も設ける。国内外の鉄道会社との共同研修・訓練も想定。一般の鉄道ファンが参加するイベントの際に一部公開も検討する。

新施設の名称は「総合研修訓練センター」で、江東区新木場の車両基地に隣接して建設した。投資額は

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り346文字