「小鳩」配慮、政権に火種 民主幹事長に「小沢系」

野党対策に不安

民主党の野田佳彦代表が手がけた党執行部人事は、代表選で対決した小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相への配慮が目立つ布陣となった。資金を差配し、党運営の要となる幹事長には元代表と連携する輿石東参院議員会長を充て、逆転国会を指揮する国会対策委員長には鳩山グループの平野博文元官房長官を起用した。

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り1109文字