ヘッジファンド(1・2)  セバスチャン・マラビー著

時代を画した投資家たちの人物像

アジア危機の翌年だったか。もう記憶も曖昧だが、世界銀行東京事務所に、私たち経済学者が集められ、世銀幹部のスティグリッツから、危機が広がった原因を尋ねられた。彼ですら知らなかったのかもしれないが、ジョージ・ソロス氏のファンドがタイに攻撃を始めた経緯や、その後の国々について検出されていった諸問題が、本書には明瞭に記されている。

(三木俊哉訳、楽工社・各1900円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

ヘッジファンド業界の「史記列伝」と言えるだろう。本書は、黎明(れいめい)期から世界金融危機後まで、時代を画した代表的なファンドを選び、膨大なインタビューに基づいて、リーダーの人物像やファンドの文化などを描く。投資戦略の有効性の解明に加え、滅亡状況も説明しており、投資家だけでなく研究者にも刺激的であろう。

ノーベル賞受賞者もいたファンドLTCMの滅亡は周知であるが、今次の危機を念頭に読むと実に興味深い。LTCMは自己資金を多く投入していたし、ストレステストも実施していた。レバレッジは高かったが、安全なはずだったのである。しかしパニックが起きると、無関係な諸資産が一緒に動き、リスク分散は無効だった。巨大なポジションを手じまおうとすると、模倣者も売りに転じていたし、空売りの標的にされた。

日本のバブル崩壊でも、大もうけしたファンドがあった。タイミングは予知できなかったが、予兆が現れると崩壊を確信したという。当時、日本のファンドマネージャーが8%の収益率を要求されていたので、株式から債券への一斉転換を読めたのである。その後の一時的な反発とさらなる下落も読み込んでもうけた。

ヘッジファンドは有害で規制すべきなのだろうか。巨大な投資は市場を動かし、経済社会に大きな影響を与えてきた。本書は、彼らが悪影響に悩んだり寄付に励んだりする様子や、高配当を受けた大学基金の活躍を紹介してみせる。さらに、「大き過ぎてつぶせない」伝統的な金融機関と違って、公的な保護や救済を求めて来なかった点を強調し、その発展こそが望ましいと説くのである。一面の正しさは否定できまい。

(神戸大学教授 地主敏樹)

[日本経済新聞朝刊2012年9月23日付]

ヘッジファンド―投資家たちの野望と興亡〈1〉

著者:セバスチャン マラビー.
出版:楽工社
価格:1,995円(税込み)

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!