ウォーカー氏、撤退表明

米共和候補 支持率首位から一転、急落

【ワシントン=吉野直也】米ウィスコンシン州のスコット・ウォーカー知事(47)は21日、地元で記者会見し、来年11月の米大統領選の共和党候補者指名争いから撤退すると表明した。一時は支持率首位に立っていたが、不動産王ドナルド・トランプ氏(69)らの躍進で急落した。撤退は2人目で、主要候補は15人になった。乱立候補の淘汰が始まる可能性がある。

ウォーカー氏は記者会見で、撤退の理由を「共和党支持者が現在の最有力候補に代わる少数の保守派候補に集中できるようにするためだ」と説明した。支持率トップのトランプ氏の対抗馬一本化を念頭に支持率が低迷する共和党候補に同様の決断を促した。ウォーカー氏は今年1月以降、指名争い初戦の舞台となるアイオワ州の支持率でトップを走り、全米でも上位の常連だった。

ウォーカー氏は8月中旬の日本経済新聞との会見で、トランプ氏の伸長に関して「自らの戦略を調整する必要がある」と語っていた。支持率は選挙運動を支える政治資金集めに直結する。2回の共和党テレビ討論会で振るわず、20日発表の米CNNテレビの世論調査結果で支持率は0.5%を下回った。米メディアは「政治資金が払底していた」と指摘した。

有力候補の一人と目されたウォーカー氏の撤退が他候補の動向に影響を与えるのは確実だ。支持率下位の候補は政治資金集めが徐々に厳しくなっており、撤退時期を探っているとみられるからだ。

支持率の上位3人はトランプ氏、女性候補でヒューレット・パッカード(HP)の元最高経営責任者(CEO)カーリー・フィオリーナ氏(61)、元神経外科医ベン・カーソン氏(64)。知事や上下両院議員の経験がない「非政治家」だ。候補が絞られれば共和党候補の指名争いの構図も変わる。下位候補の撤退で、分散していた支持が特定の政治家候補に集まる展開があり得る。

ウォーカー氏が来年の予備選が始まる前に早々と撤退宣言したことを米メディアは「驚き」と報じている。一部には「副大統領候補に狙いを切り替えたのではないか」との観測も浮上している。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。