「本当にいいのか?」 自ら希望し、苦境の貨物局へ

仕事人秘録 JR貨物名誉顧問、伊藤直彦氏(15)