ミャンマーの証券会社免許、大和系などが取得

【ヤンゴン=松井基一】ミャンマー証券取引委員会は7日、大和証券グループの現地法人など10社程度に証券会社免許を交付することを決めた。今年12月に開業予定のミャンマー初の証券取引所、ヤンゴン証券取引所(YSX)で、株式の引き受けや売買を手掛けられるようになる。ミャンマーでの証券会社免許の交付は初めて。未成熟の資本市場の育成に向けた大きなステップとなりそうだ。

免許を取得するのは大和グループの大和総

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り336文字