滝井繁男氏が死去 元最高裁判所判事

滝井 繁男氏(たきい・しげお=元最高裁判事)2月28日、急性肺血栓塞栓症のため死去、78歳。告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、朋子さん。

大阪弁護士会会長などを経て、2002~06年最高裁判事。早稲田大学が講演会への参加者名簿を警視庁に提供したことを巡る訴訟で裁判長を務め「同意を得ずに提出したのは違法」と判断した。兄は作家の和久峻三氏。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。