エボラ研究にも対応 BSL4施設、国内初稼働へ

エボラウイルスなど危険性の高い病原体を扱う能力のある「BSL(バイオ・セーフティー・レベル)―4」施設が、国内で初めて稼働する見通しになった。塩崎恭久厚生労働相と国立感染症研究所・村山庁舎(東京都武蔵村山市)が立地する藤野勝市長が3日、稼働に合意した。感染症専門家が高く評価する一方、周辺住民の不安解消のため情報開示など運用の透明化が求められる。

施設は1981年に完成したが、住民の反対などがあり

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り628文字