強姦事件再審、70代男性に無罪判決 地裁「女性の供述は虚偽」

強姦罪などで懲役12年の判決が確定し、服役中に被害者とされた女性の証言が虚偽だったとして釈放された大阪府内の70代男性の再審公判の判決で、大阪地裁(芦高源裁判長)は16日、無罪を言い渡した。大阪地検は同日、上訴権(控訴する権利)を放棄し、男性の無罪が確定した。

芦高裁判長は判決理由を朗読した後、「身に覚えのない罪で長期間にわたり自由を奪い、計り知れない苦痛を与えたことは誠に残念。(今後は)被告人の言葉に真摯に耳を傾け審理したい」と反省の言葉を述べた。

判決理由で芦高裁判長は、再審請求後に性的暴行がなかったことを示す診療記録が見つかったことなどから、当時の女性の被害証言や女性の兄の目撃証言は「虚偽供述とみるのが相当」と指摘した。

男性は2008年、当時14歳だった同居人の女性への強姦や強制わいせつの罪で逮捕・起訴された。男性は一貫して無罪を主張したが、大阪地裁は女性らの証言を根拠に懲役12年とし、11年に最高裁で確定した。

ところが女性が昨年5月、証言は虚偽だったと告白。男性側は同9月、同地裁に再審を請求した。大阪地検の再捜査で女性が被害を受けていなかったことを示す診療記録も見つかり、同11月、男性の刑の執行を停止して釈放した。今年2月に再審開始が決定。再審初公判で検察側は無罪を求め、男性に謝罪した。

大阪地検の北川健太郎次席検事の話 結果として無罪となるべき事件を起訴したことは遺憾。十分な証拠の収集・把握に努め、基本に忠実な捜査を徹底したい。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。