朝日新聞、慰安婦報道関連記事2本取り消し 計18本に

朝日新聞社は従軍慰安婦報道をめぐり、朝鮮人女性の強制連行を証言した故吉田清治氏に関する記事2本について全文と一部を新たに取り消し、おわびするとの記事を23日付朝刊に掲載した。8月の検証紙面で16本を取り消して以降、再調査でほかにも虚偽証言に基づく記事が見つかったとしている。一連の記事取り消しはこれで計18本となった。

全文を取り消したのは、1980年3月7日付朝刊(川崎・横浜東部版)の「連載 韓国・朝鮮人2(27)」。吉田氏への取材から「2回ほど朝鮮半島に出かけ、"朝鮮人狩り"に携わった」と報じたが、研究者らへの取材などに基づいて虚偽証言だったと判断した。

また、84年1月17日付夕刊(大阪本社版)の「連載 うずく傷跡 朝鮮人強制連行の現在(1)」では、吉田氏の証言に関する部分を取り消した。〔共同〕

アプリで開く

日経電子版が2月末まで無料!
初割はいつでもキャンセルOK!