御堂筋暴走、会社員を危険運転致傷罪で在宅起訴 大阪地検

大阪・心斎橋の御堂筋で昨年6月、ワゴン車が暴走し男女3人が重軽傷を負った事故で、大阪地検は27日、ワゴン車を運転していた宮谷則幸会社員(66)を自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)罪で在宅起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

起訴状によると、宮谷被告は昨年6月30日、運転中に低血糖症による著しい意識低下状態に陥り、大阪市中央区の交差点で車2台と自転車に相次ぎ衝突し、男女3人に重軽傷を負わせたとされる。

同地検は宮谷被告が持病の糖尿病による低血糖症の影響で、正常な運転に支障が生じる恐れがある状態で運転したと判断した。

宮谷被告は昨年7月、同法違反容疑で逮捕されたが、同地検は処分保留で釈放し、任意捜査を続けてきた。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。