塙・日産元社長死去、ゴーン改革の「防波堤」

日産自動車元社長の塙義一氏が亡くなった。「僕は防波堤」。よく、そう話していた。1999年に始まった「ゴーン改革」。5工場閉鎖や系列解体に不満を持つ従業員や取引先、OBから苦情や問い合わせが塙氏のところに集中したが、「心を鬼にした」そうだ。訪れた人の話に耳を傾けつつも、カルロス・ゴーン社長に取り次いだことは一切、なかった。

人事、海外畑と日産のエリートコースを歩み、早くから「プリンス」といわれた。

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り444文字