講談社、グレー裁定に安堵 著作権侵害摘発に新ルール

環太平洋経済連携協定(TPP)で打ち出された著作権の保護強化を巡り、文化庁の文化審議会著作権分科会は24日、権利者の告訴なしで摘発できる著作権侵害を海賊版などに限るとの報告書をまとめた。同人誌など原作をモチーフに作る無許可の二次創作については当事者同士の対応に委ねる。講談社など原作書籍を大量に管理する大手出版社にとっては受け入れがたい内容に見えるが、おおむね歓迎の姿勢だ。

東京・文京の講談社本社

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます
今なら2カ月無料キャンペーン実施中

残り1068文字