中国・春秋、日本でホテルチェーン 15~20カ所

【上海=小高航】中国の格安航空会社(LCC)の春秋航空を傘下に持つ春秋集団(上海市)は28日、今後3~5年で日本でホテルを15~20カ所開業すると発表した。中古不動産事業を手掛けるサンフロンティア不動産と組み、約200億円を投資する。春秋集団は急増する訪日観光客の宿泊先を自ら運営し、航空チケットから宿泊まで一貫したサービスを提供する。

春秋集団が設立する投資会社とサンフロンティアが「スプリング・サニー」のブランド名でホテルを展開する。まず2016年6月までに愛知県内で開業する計画だ。温泉設備を持つ15階建てで、客室面積は平均25平方メートルとする。

今後、2カ所目以降のホテルの立地や宿泊料金を詰める。28日に上海市内で記者会見した春秋集団の王正華会長は「安い値段で高品質のサービスを受けられるホテルをつくり、中国人の訪日観光を促進する」と語った。

LCC大手の春秋航空は現在、中国と日本を結ぶ路線網を急速に拡大している。訪日旅行ブームで利用者は急増し、日中路線の輸送客数は今年120万人に達する見通しだ。春秋集団は傘下に旅行会社も抱えており、ホテル事業参入によって、訪日客に航空券から宿泊先、その他の旅行サービスまで提供できるようになる。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。